Small dreams≧Real life

ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事も含めて、オリジナル記事や創作したストーリーを載せています。

森沢明夫さんの「ミーコの宝箱」を読了

こんばんは。 連日の雨と冷たい風でダウンしている方も多いと思います。 おまけに台風が接近しているようで、陰鬱な気分になりますね。 風邪やら、インフルエンザなどに注意して、体調管理に気をつけないといけませんね。 既に秋を通り越して冬になってるよ…

戸井十月さんの「南へ from the border」を読了♪

今回読んだ本は、戸井十月さんの「南へ from the border」です。 この本は20年以上も前の作品です(当たり前のことですが) ネットで中古品を手に入れたのですが、シミや汚れで状態が悪かった……仕方ないですね。 ただ中身は「南米」を舞台にかな~り濃い話が…

近藤雄生さんの「遊牧夫婦 はじまりの日々」を読了♪

近藤雄生さんの「遊牧夫婦 はじまりの日々」を読みました。 ちなみに今回は文庫本版ではなく電子書籍版にしてみましたよ。 遊牧夫婦 はじまりの日々 (角川文庫) 作者: 近藤雄生 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/03/25 メディア: 文庫 この商品を含む…

森沢明夫さんの「きらきら眼鏡」を読了♪

さっそくですが、森沢明夫さんの「きらきら眼鏡」を読みました。 きらきら眼鏡 作者: 森沢明夫 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2015/11/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 最近、完全に森沢さんの世界に引き込まれて…

戸井十月さんの「アディオスー道端で出会い、そして別れる9つの人生」を読了♪

戸井十月さんの「アディオス-道端で出会い、そして別れる9つの人生」を読みました。 この本は9つの短いストーリーで構成されています。 本の紹介に以下の言葉が綴られていました。 あまりにもカッコいいので紹介します。 〈熱くて苦い、出会いと別れ。それ…

少林寺拳法から学ぶ本当の【「強さ」とは何か。】

「強さ」って何だろう? ふと思ったことですが、「強さ」って何だろう? 最初に攻撃的なイメージを抱くのが一般的だと思います。 当然男なら力が強いのはもちろん。 だって、何かあった時に自分の身を守らないといけないし、それに家族や恋人も助けないとい…

野田知佑さんの「さらば、日本の川よ」を読了♪

いきなりですが、面白い本を発見しました。久しぶりに勢いよくあっという間に読んでしまいました。 その本が↓です。 さらば、日本の川よ―野田知佑のカヌーは座敷 作者: 野田知佑 出版社/メーカー: 思想の科学社 発売日: 1995/11 メディア: 単行本 この商品を…

戸井十月さんの「風の漂流者 」を読了

はじめに 新しくカテゴリーに「本棚」という項目を作ったのでその中に、ぼくが読んだ本を溜めていこうと思っています。ぜひご覧ください。 読んだ本をそのまま読みっぱなしにするのではなく、読んで思ったこと、考えたことをまとめていくつもりです。 どうぞ…

森沢明夫さんの「夏美のホタル」

こんばんは! 今日は私が最近読んだ本でおすすめの一冊を紹介していこうと思っています。 夏美のホタル (角川文庫) 作者: 森沢明夫 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2014/08/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 森沢明夫さん…

熊谷達也さんの「虹色にランドスケープ」を読みました。

最近のぼくは、活字中毒そのもので時間があればずっとずっとず~~~っと本を開いています。 やっぱり、静かにのんびりと本を読む時間はイイね。 新書も、ビジネス書も自己啓発書もたまに読みますが、小説をたくさん読むつもりです。 特にバイク小説を探して…

近藤雄生さんの「旅に出ようーー世界にはいろんな生き方があふれてる」を読みました

「旅」に関する本が好きなので、今回は「旅に出よう――世界にはいろんな生き方があふれてる」を読んでみました。 違う本を探していて、偶然手に取った本なのですが、とてもステキな本でした。 人の出会いも奇跡なら、本との出会いも奇跡と言っていいんじゃな…

「波を求めて世界の海へ 南海楽園2」からぼくらの知らない海は沢山ある

こんにちは、夏は終わりましたが本棚の更新です。 ぼくの場合、夏と言えば・・・・・・海です。これはもはや方程式化してますね。 子供の頃から、夏になると海水浴に出掛けていた記憶があるので、ついあの頃のようなワクワクとドキドキが蘇り、童心に返って…

原田宗典さんの「黄色いドゥカと彼女の手」を読みました

原田宗典さんの「黄色いドゥカと彼女の手」を読みました。軽いエッセイ風にまとめられているので、リラックしてのんびり読める本です。 ↓ ↓ ↓ 黄色いドゥカと彼女の手 (角川文庫) 作者: 原田宗典,沢田としき 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 1991/09/25 …

「笑顔の国、ツバルで考えたこと〜ほんとうの危機と幸せとは」を読みました

夏が終わって間もないですが、既に来年が待ち遠しいですね。 開放的で人との交流も広がり笑顔が溢れて、アウトドアのアクティビティにぴったりな夏が大好きです。 ひそかに考えていることは、一年中夏の国に移り住むことです。そうしたら、日本のような短い…

爆笑エッセイ①森沢明夫さんの「あおぞらビール」

まだ日が落ちるのは早いですね。夕方になると既に真っ暗です。おまけに寒いので、外にいる時間を短くしたいから早めに帰宅です。寒いのは苦手なんですよ。厚着するのが嫌でして圧迫感がありますよね。雨や寒い日は家でゆっくりと本読んだり、映画見たりした…