読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Small dreams≧Real life

「ぽぽぴ」のBLOGへようこそ。ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事だけでなく完全オリジナルのショートストーリーなどを含めて幅広く記事を書いて載せています。但し更新の頻度は不規則です。

星が行方不明な夜空に届けよう

日本の社会は周りに流されて合わせることができる人が評価される。本音では馬鹿らしいと思っていてもある程度空気を読むといったことが大切という環境で生活してきた。異質な物は排除、出る杭は打たれるというような状況があって自分の考えから主張することが許されない雰囲気が根底に根付いている。

自己主張は生意気

自分の思ってることをどうして口にしてはいけないのだろうか。もちろんアンタッチャブルなことは禁忌的に触れてはいけないのだろうとは思う。人の悪口を本人に面と向かって言えない。思ってることを吐き出せないからストレスが溜まり余裕がなくなる。最近では2ちゃんねるやSNSの匿名性を利用した悪口や中傷などが増えている。そこで敢えて言いたい。自分が思ってることはできるだけきちんとアウトプットして欲しい。私たちが思ってるほど正しい正解はない。思っていても口に出さないと相手に伝われないことは当たり前なことだけど認識して欲しい。答えがあると思うのではなく多様な意見が必要であり、時代は変化を求めている。

中途半端な反応は災いの原因

中立的な立場を取ることは円満な人間関係を構築するうえでの処世術である。しかし明確な意見を求めている場面で中途半端で無難な反応をすることは時にピンチを招く。教科書に載ってるような解答を誰も求めていないあなたの意見が欲しい

私は自分の意見を持って欲しいと思う。自分の考えを持たない人は無難なを選ぶ傾向があり面白さにも欠ける。残念なことに組織で出世しやすい人は、上記のような人が多いのが悲劇であるが。日本社会の場合背景として村社会があり閉鎖的な環境で生きていかなければいけなかったことも関係している。自分の意見をしっかりと持てば周りと同じ意見を持つハズかないです。方向性が一緒だとしても理由は違うといったこともある。

 

ひとりひとりちがう

だから違う意見を持ち

時にはぶつかって対立したりしても

お互いが納得する道を見つけて

なんとか一緒に生きて行こうよ

ごまかしなんていらない

「正解」なんてないよ

自分の声を本気で伝えようよ

大丈夫。否定なんてしないから




今日はなぜか星が見えなかった。そんな夜もあるかもね。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする