読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Small dreams≧Real life

「ぽぽぴ」のBLOGへようこそ。ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事だけでなく完全オリジナルのショートストーリーなどを含めて幅広く記事を書いて載せています。但し更新の頻度は不規則です。

New ideas to your life~伝えたいコト~

皆さんは自分の住んでいるところについてどれくらい知っているか?わざわざ知る必要もないと言えばそれまでだが。よく考えてみればまだまだ知らないことがたくさんあると思う。知っていると思っていてもそれは表面的でしかないこともあるし常に変化しているのだから知らないことで溢れるということを認識して生活して欲しいと思う。小さな変化はアナタのすぐそばで起きている。というよりも世界自体が変化しているわけではくアナタ自身が変化しているのではないか。

「自分が思うほど周りは変わってなくて自分自身が日々アンチエイジングしているのではないかと密かに思っている。」

最近では医療の発達・進歩で寿命が大幅に伸びていることで100歳超えている人も居るが、人生100年という人は少数派であまり現実的でない。寿命の話を展開しているのではなくて一人の人間の知識という観点で見れば限界があり表面的になるということだ。だから他分野に渡って精通するということは非常に難しい。対象を広げれば必然的に専門が浅くなり易いというジレンマがある。もちろん分野を超えた共通点を見出すことがビジネスだけでなく生活のクオリティーを高めてくれるだろう。

あのIPHONEの創始者ジョブスがハーバード大学の卒業式で述べた「Connecting the dots」知らない人はぜひ見て欲しい。平たく言えば現時点で無駄だということも役に立つ可能性があるということである。ミクロな視点では分からないが学んできたこと・経験してきたことが将来の時点で繋がりを生み予想も付かない結果を生むかもしれないということ。ここに人生の醍醐味というか面白さが隠されていると思う。ネガティブに表面的な見方で無駄なことと決めるのではなく活かす場面が来るという姿勢が大事だと思う。だから結局は何がムダであるとか決めることって瞬間瞬間で決めていくのは難しい。間違っているということもあるからね。

少し脱線したから戻すとね「自分の周りのことをどれだけ知っているかということを今回はテーマにしたい。」例えば東京に住んでいるとするでしょ。あなたはPRして案内することができるかってこと。東京は日本の首都で人が多くて華やかな場所が多いということは誰でも知っているけど多摩の方に行けば山が溢れて登山もできる。夜は川沿いを歩きながら星を眺め、都市のビル夜景を観ることができる。これも例であるがまだまだアナタの知らないイイ部分がたくさんあるんだよ。深ーく深ーく感じて見ればねもっともっと見えてくることがあるんだよね。アナタが自分の周りを深く愛しそれを相手に伝えられることができたら幸せになれると思うよ。今の状況が不満だとか口にする前にもっともっといいところが見付けられたらいいんじゃないかな。どうしても悪いところばかり目につく社会だから、周りの知らない「いいところ」を見つけよう。

 

星の王子さま (新潮文庫)

星の王子さま (新潮文庫)

 

 

ここで私のお気に入りの本「星の王子さm」(The little prince)の登場。星の王子さまは子供向けの絵本という形式をとっているが、内容はかなり難しい。子供には理解できない内容だと思う。だって子供は純粋で汚れてないからね。私は高校生の時にはじめて読んだが内容は頭に入ってくるが中身の理解ができなかった。今考えてみるとこういった類の本が名作だと改めて感じる。すごく頭を使うというか考える本でじっくり味わって読むという手間が必要だからだ。本質を見抜くというか言葉にすることが難しいいわゆる目に見えないものを見事に物語に組み込んでいる。だからこの本は大人向けであり読者として想定される範囲が極端に狭まれる。

あえて「目に見えるもの」と「目に見えないもの」を挙げてみた。目に見えないものについてブログを書きたかったがそれ以前の段階として目に見えるものが軽視されている。だから今回は「目に見えるもの」にフォーカスしている。

 

Find my tokyo というキャッチフレーズを聞いたことがある人も多いと思う。このフレーズは東京メトロの広告で使用されている。東京を再発見という意味が込められているのかどうかは分からないが非常に面白いフレーズである。これに関連して私がお勧めしたいのは東京夜景。ビルをはじめとした高層マンションで溢れる大都市東京は非常に綺麗な夜景を観ることができる。東京の夜景を意識して観た人がどれくらいいるだろうか?おそらく非常に少ないと思う。特にお台場などにスポット集中しているが展望台を整備している地区もある。このように知る人ぞ知るという物事にぜひ気づいて欲しい。これは非常にセンスが問われる。

f:id:popopii:20161202204224j:plain

 

f:id:popopii:20161202204542j:image

まずは疑い気づく力を持つ。

先読みをして流行に流されるのではない時代を超えた本質的な何かを理解できる力を持てば、ビジネスであろうと怖いものがない。経営者、発明家などの新しいイノベーションを生むのはこういったニッチな部分をメジャーな存在になると捉えることができる先読みできる着眼力が求められるのではないだろうか。彼らが無から新しいものを生み出すことができたとは考えられないのであってコーズアンドエフェクトがあり洞察力がブラッシュアップされていたのではないだろうか。ぜひあなたの持つ力を社会に還元して欲しい。

 

 

広告を非表示にする