Small dreams≧Real life

「ぽぽぴ」のBLOGへようこそ。ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事だけでなく完全オリジナルのショートストーリーなどを含めて幅広く記事を書いて載せています。但し更新の頻度は不規則です。

学生から見た年金制度

二十歳を超えると、年金を支払う義務がある。年金は一種の保険であって拠出されないと制度上機能しない。だから未加入で未納入ということになると受給できない。学生や20代そこらのうちは身体も元気に動くから老後のことを考えるという人はいないと思う。だが人生はステージ毎に身体の変化もあるから先読みしてリスクに対処法を考えないといけない。お金がなくては生活も成り立たないということは分かるだろう。かつては将来のリスクを踏まえた上で若い時からお金を支払う(積み立て方式)システムであった。現実的には若い世代が支払う拠出金によって老齢世代を支えるという(賦課方式)を採る。

そこで世代間の確執が生まれる。若い世代にとっても先を見据えることで少子高齢化で経済発展が見込まれない中で年金を支払うことで自分たちは損するのではないかというシンプルな問題である。つまり「年金は既に破綻しているから、保険料を支払うと損をする」            

賛否両論あると思うが基本的には自分もこの意見に賛成である。賦課方式を採っているのだから保険料を負担すべき人間が必要だ。それなのに高齢者が増加する未来で支給されることを期待できるのだろうか。はっきりいって相当厳しいだろう。ここまでは老齢年金の話だ。

 年金は高齢になった時だけの話ではなく障害年金と遺族年金がある。文字通りのリスクが現実化すると支給されることになる。だから高齢になった時だけではなく役に立つ制度である。ただ多くの人は老齢年金しか関係しない場合が多く認知度が低いのではないか。年金の保険料の未納については問題がある。保険料を決められた期間支払わないと受給する権利を失う。また支払い期間が短いと支給額が減る。不況の煽りを受けて現在の生活でも余裕がないのに老後の年金なんて払えるかという意見もある。支払い能力がない人も多いから強制支払いという政策もできない。

年金について簡単にまとめると上記の通りである。20代前半の私から見るに不平等に思える。現行の制度の基で拠出してきた世代と高齢者世代は、自分の支払ったお金を回収したいと思う。だけどもしも若い世代が支払い放棄になると不都合が生じる。だから彼らは何とかしても支払う運ぼうという流れに見えて仕方ない。現行で人口に占める高齢者の割合は約25%なので4人に1人が高齢者である。2020年に約30%まで上昇すると予想される。先行きが不透明な社会で人口の3人に1人が高齢者という事実を知るだけで年金制度が機能しないと予測できる。

 

広告を非表示にする