読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Small dreams≧Real life

「ぽぽぴ」のBLOGへようこそ。ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事だけでなく完全オリジナルのショートストーリーなどを含めて幅広く記事を書いて載せています。但し更新の頻度は不規則です。

夜景のメッカに昼間行く

今日は用事があったので少しばかり時間を作って寄り道した。久しぶりにゆりかもめに乗って、車内から眺めを満喫しつつテレコムセンターで下車し絶景の展望台にあがってみた。悲しいことに一人で行ったので、微妙な気分になった。
f:id:popopii:20170204183046j:image

入場券として500円を払い、チケットを渡して入場したが、受付の人がいない。暫く待っていると足が悪いおじいさんが来た。階段を上がるとガラスの向こうにコバルトブルーの空を背景にした街並み、工場、埠頭が広がっていた。う~ん、昼間だから全く人が居ないので解放感と寂寥感を同時に感じた。


f:id:popopii:20170204183645j:image

左手に進むとお台場周辺が一望できる。来るときに使ったゆりかもめが走ってる姿も眺められます。ところで誰もいないはずなのに、何故か声が聞こえる。不思議に思って声がする方に目を向けると、帽子を被った50代の男性が言葉を発している。死角になっている一番角の部分に座っていたので見事姿を消していた。(本人に意図があるか知りませんが。)これで自分一人で展望台にいるわけではないことを知ったので、とりあえず一通り回ってみることにした。
f:id:popopii:20170204184025j:image

今度はおじさんが居たところから反対側に進んでみたところ、ベンチで肩を寄せ会うカップルに遭遇。妙に距離が近くて良からぬことをはじめそうな雰囲気の中で、邪魔をしてしまったと思ったので急いで退散。邪魔をしてごめんなさい。(でもここではやめてください)たまに一人で訪れる人もいるので。もしかしたらあの男の人も目撃したのか、それともカップルが目撃して移動したのか分からないけどどちらにしても面白い構図だと考えてしまった。

 


f:id:popopii:20170204185149j:image
でもたまには高層展望台から眺めるのもイイね!遠くまで見渡せるし、見事な解放感も堪らない。夜はもっと素敵で綺麗な場所に様変わりするんだろなぁ。カップルばかりの空間に行く勇気もないし。でも夜ならバレずに人混みに溶け込めるから大丈夫かもしれない

 

広告を非表示にする