Small dreams≧Real life

「ぽぽぴ」のBLOGへようこそ。ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事だけでなく完全オリジナルのショートストーリーなどを含めて幅広く記事を書いて載せています。但し更新の頻度は不規則です。

若者に公務員が人気の理由を考えてみた

最近の若者は公務員を志向する人が多いと聞いた。昨今の日本社会では有名な一流企業でも○通やなどの有名企業が長時間労働の末過労死で自殺が起こる厳しい社会だ。いわゆるブラック企業が蔓延している。おまけに少子高齢化で労働人口が逓減する一方で社会保障費が年々増加するという悲惨な有り様だ。

blogos.com

はっきり言ってもはや取り返しのつかないレベルで危機的な状況ではないだろうか?民間企業に希望の光が注がれる可能性は低い。だから若者が「安定」の代名詞として公務員を目指す人が増加するのは必然的ではないだろうか?昨今公務員自体も不祥事が多発し非難の対象に挙げられ、近年では税金の無駄遣いとまで言われ定数削減が検討されている。それでも存在するかも不明な「安定」というフレーズに煽られた社会で人気の就職先となっている。率直に言えば若者視点で希望を持てない歪んだ構造を孕んだ社会であることは間違いないと思う。学歴という切符を掴んだとしても入り口に過ぎず、血を吐くような競争が待っている。身体を酷使して得た給料が周りとあまり変わらない給料に収まり、責任だけが増えていく。そんな社会が訪れている。それでも社会を変える意思もなければ行動もない。しかも声を挙げても現実ではスルーされ、ネットでは匿名で叩かれる始末だ。だから既得権益に乗ってしまう方が楽なのかもしれない。空気を読んで、右に傚えで同調することが楽だし正しい。これはあくまで1つの仮説である。こうして不景気で生まれた若い世代から一攫千金を狙って野望を持った挑戦する者は皆無に近い。ただマイナスかと思いきや現実的かつ堅実的な視点を多くの若者は持っている。節約が上手でそれなりに人生を満喫している人もいる。安易な夢や理想といった実現不可能な現実逃避を求めるのではなくしっかりと生きている。

突きつけられた課題 

お金がないと生活できない。これは当然のことだけど、沢山稼がないと生活出来ないわけではない。生活レベルを極限まで切り詰めればギリギリで生きていける。当方が証明済みである。もちろん贅沢は出来ないし我慢も必要だけどあらゆる無駄を徹底的に排除すれば問題ない。見方によれば何とも虚しい人生かもしれないが、それでも生きていける。結婚して子供を持つことは不可能かもしれないが。時代は確実に変化している。私の30代で未婚で彼女無しの知人に先日会う機会があった。そこで未婚の理由を冗談半分で言葉をにごして聞いてみた。彼はルックスも良く、性格も悪くない。それにそこそこ稼いでいるからけっしてモテない男ではない。「彼女もいないし、結婚する気はないのか?」すると平然と言葉を返してきた。「親が熟年離婚してるし、面倒みないといけない。それに趣味があるから彼女もいらないかな。」 なるほど、色んな事情があって然るべきだと。

kisotsu.daini2.co.jp

あとは女性の社会進出、趣味の拡大など伝統的な価値観が希薄化したことも関係していると言える。女性が社会で活躍するということが意味するのは、結婚する必要が前ほど高くなくなり様々なライフスタイルとが生まれている。お金を費やさずに楽しめる趣味も充実しているので、無理して稼ぎたいと思う人が減っているようにも見える。

社会に潜む排除

日本は伝統的に、村社会が常識だったので「空気を読む」といった周りとの健全な環境を保つことが生きることを意味していた。強い同調圧力で出る杭は打たれるという言葉からも分かるように、強い個性を主張するタイプが嫌われる不思議な社会だ。本音と建て前を分けて、偽りの自分を演じるタイプが非常に多い。また仕事に関しても過度に仕事が出来すぎも良くない。仮に新人が上司よりも仕事が出来たら面白くないだろう。むしろ理解のある上司ならいいが、優秀すぎる場合嫌われていじめに合うのが関の山だ。皮肉なことに素晴らしい能力があっても台無しになってしまう。それならば公務員としての道を選びマニュアル通りの仕事を行っていた方が、精神衛生上良いと考える事も出来る。中途半端な裁量と責任が押し付けられることに嫌気が差すことも理由に加わる。  

まとめ

若者が公務員を志向する社会は、国の衰退を意味するという言葉を聞いた。その通りだと思う。「安定」という言葉を追いリスクを少しでも減らしたいと思うことは合理的だ。しかし借金が多量に有り社会保障費が増加する国で公務員として職業を選ぶ人が多いということを意味するのは、責任を転嫁しながら強いものに従う姿が浮かぶ。言わば国、地方公共団体で公益のために働くというより私的利益の一環とも見える。一体この国はどこに向かっているのだろうか?今後も目が離せない時代に突入している。

広告を非表示にする