Small dreams≧Real life

ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事も含めて、オリジナル記事や創作したストーリーを載せています。

DAZNに期待!

いよいよ2017年のJleagueが開幕した。サッカーに期待を寄せることはもちろんだけど、今年からメインの放映権を握っていたスカパーからDAZNに権利が移ったことにも興味がある。昔からサッカーが好きだからスカパーを契約することを何年も考えていたけど、結局サッカーチャンネルを契約することないまま過ごしてきた。日本代表の試合は国全体として注目度が高いから地上波でも放映されるのかもしれないけど、Jリーグとなると微妙。他のスポーツと比べると大一番の試合のみに限定されて放映する確率が高いから、試合を見ることが中々出来ない。そんなわけでサッカーを見たいけど諦めてきた人間の一人としてDAZNには注目している。近年ではYouTubeのようにポータブル端末で何処に居ようと視聴出来るメディアが人気を博している。つまりテレビというメディアは過去のものに変化してきているのかもしれない。

 

昔からサッカーが好きでプレーすることももちろん見ることも同様に好き。小学生くらいの頃はサッカーよりも野球の方が知名度も含めて人気が高い時代だったと思う。日本代表の試合ぐらいしか見るチャンスがなかった。特に海外サッカーは自ら有料チャンネルと契約して見るしかない。でも当時小学生くらいの子供に単独で実現出来る類いのものではない。仕方なく親に頼み込んでお願いするも受け入れて貰えず悲しかった。そして同時にいつかサッカーチャンネルに契約して好きなだけサッカーを見ると決意した。今思うと子供の頃は泣く泣く我慢したことが簡単とは言わないが実現出来ることを知り幸せに感じる。裕福な家庭に育ってないから我慢することも大切という教育を受けて育った。分かる方も多いと思うが、子供の頃は親の承諾がなければ出来ないことも多い。判断能力的な部分も含めておまけにお金もない。だから工夫して親を納得させる努力の術を学んだ。一種の交渉力といっても問題ないだろう。こうして我慢をしながら時には親を説得しても中々実現出来なかったものこそサッカーチャンネルだった。

そして第一節を見終えた感想として、非常に画質も良くクオリティーが高かった。解説者も著名な元サッカー選手が多く参考になった。またJ1だけでなくJ2においても同様な扱いでライブ配信されているので満足している。