Small dreams≧Real life

「ぽぽぴ」のBLOGへようこそ。ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事だけでなく完全オリジナルのショートストーリーなどを含めて幅広く記事を書いて載せています。但し更新の頻度は不規則です。

深夜の食事と昭和風のゲーセン

珍しい発見

昼間は多くの車が行き交う国道も夜間は暗闇に覆われている。道沿いにところどころあるコンビニ、飲食店だけが目に入る。車が移動手段としてスタンダードになった社会に我々は生きている。国道沿いの大通りを道なりに進んでいくと、チェーン店として知られた知名度の高い店ばかりだ。何処にいっても同じ色の看板にメニューも画一化されマニュアル通りで色がない。そして夜には一斉に店が閉まる。不景気も影響して夜中に客はほとんど来ないし、従業員も不足している。だから昔は深夜営業も当たり前だったが、今では定時に店を閉める。営業している方が損をしている時代に変わったのだ。損とか得とか簡単に割り切れるもんではないけど、少なくとも無駄な経費削減が当たり前だ。

全く馴染みのない店がポツリポツリと夜のネオンライトを点灯させながら、静かに佇んでいた。腕時計を見ると深夜12時を越えていた。こんな時間に営業している店は皆無。駐車場には車が何台か停まっていた。恐らく長距離を運送するトラックだろう。途中休憩で仮眠をとっているのだろうか。闇の中で物音一つたてることなく存在自体が消えていた。でもこうして運送する人がいなければ生活が成り立たないということも分かっている。ご苦労様ですと小さく呟いた。もちろん聞こえるハズもないが。折角立ち寄ることにしたのでお腹を満たし、少しばかり車で休もうと思い店に入ることにした。店内に入ると、耳に響く不快な機械音が気になる。夜中だというのに音量が多きすぎる。どうやらゲームセンターも隣接しているようだ。

普通のメニュー

 店内の食券売場でメニューを眺めた。セット価格で1000円以内だから値段としては普通なのかな。でも少し高い気がするけど、ラーメンと餃子のセットを頼むことにした。それなりに量もあるし、味も結構いける。コスパは良い。腹ごしらえを終えて暫く休むことにした。当たりを見回すと、汚れた作業服を着た中年の男性がカウンター席でカレーライスを食べていた。疲れ果てた青白い顔をしていて覇気がない。食べ終えた後は、車で仮眠を取って仕事に戻るのだろうか。そんなことを考えていたら自分も眠気を感じていた。

昭和風のゲームセンターと若者

食事を終えて眠気を感じていたので、車に戻ろうとした。すると先ほどから気になっていた古くさい昭和風のゲームセンターが気になる。深夜にも関わらず音量が大きい。全く時代錯誤もいいところだと思ってしまうほど、廃れている。昔は多くの人で賑わっていたのかなと思いながら、少しずつゲームセンターの方へと足を伸ばしてみた。不思議なことにゲームセンター内には数人いた。煙草を吹かしながらクレーンゲームに夢中になる若者、スロットやパチンコのゲーム中年などで遊戯する人がこんな真夜中にもいる。特に気になったのは煙草を吸いながらクレーンゲームが出来る環境。受動喫煙が問題になっていて、居酒屋でも規制強化が進んでいるのに自由に煙草を吸える場所が生き残っていたことに驚いた。日本では喫煙者が年々減少している。健康だけでなくて経済的にも無駄というか高いことが認知されてきている。従ってかつてはマジョリティーだった喫煙者が今やマイノリティーになっていて社会から排除されている。最近では室内での喫煙は禁止となり、完全分煙となる場面が多い。それだけ社会が成熟してきているとも言えるが、やはりクレーンゲームをしながらタバコは珍しい。注意するというよりもナチュラルな日常の光景とし成立している。もしかしたらここだけは別次元の世界なのかもしれない。そして知らない世界が依然として存在していることがまだまだ沢山ある。

弱者の逃げ場と出口

ゲームセンターと言えば不良を連想したり、何かとマイナスイメージを持つ人も多いのではないだろうか。確かに学生時代では勉強が出来なくてスポーツも中途半端なタイプの人がゲームセンターに入り浸っていた。そこでタバコ、酒などの大人の嗜みを覚えてレールから外れていた。真っ当な道で勝負出来ない社会的弱者の道が続いているのかもしれない。謂わば裏側のコミニュティーが成立していて、好ましくない関係が誕生しているのかもしれない。

だから弱者の逃げ場としてのゲームセンターが機能していたのかもしれない。偏見かもしれないがそうゆう側面もあるのではないだろうか?クレーンゲームのすぐ脇にベンチがある。そこに若い金髪の女性が体を横たえていた。詳しくは分からないが10代そこそこだろうか?緑色のラインが入ったPUMAのジャージを着ていた。スマートフォンを弄りながら周りを気にする気配すらない。どうやらクレーンゲームをやっている男の連れらしい。男が戻って来た。男「全然取れねえわ。マジイラつくわ」ポケットからタバコの箱を取り出す。そして入ってないことに気づいてゴミを床に捨てた。女「まじか。」男「タバコ一本くれ。」女がキャスター・マイルドのソフトパックからタバコを一本取り出して差し出す。男「てかさ、あいつらどうなった?」「何か忙しいとか言ってる。」「じゃ飯食って帰るか」こちらに向かってくる途中私の存在に彼らは気づいた。目を合わせずに券売機の方へ歩いていく。彼らも同じメニューから選んでご飯を食べると思うと、妙な親近感を感じてしまった。

広告を非表示にする