Small dreams≧Real life

ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事も含めて、オリジナル記事や創作したストーリーを載せています。

2017,3,11

311が何の日かわかるだろうか。言うまでもなく日本人の心に深く刻まれた悲劇が起きた日だ。2011年3月11日に起こった東日本大震災は多くの命を奪い、東北地方を中心に甚大な影響を引き起こした。そして今なお具体的な解決策を模索して先行き不透明な福島原子力発電所の事故。あの日から日本は大きく変化したと言っても過言ではない。

そしてテレビでは今尚何度も巨大な津波が街を破壊する映像が取り上げられ、想像を絶するほどの恐ろしく未曾有の出来事だったことは確かだ。

あれから6年目の節目の日となった。当時高校生だった私もあの日のことを鮮明に記憶している。地面が左右に揺れ町中が混乱し、人々はパニックとなった。余震に備えコンビニやスーパーでは日常品が全て売り切れとなり、眠れない日が続いた。 誰もが不安を感じていたはずだ。6年目を迎えるに当たり既に過去の悲劇となってきてはいないだろうか?風化していくあの悲しい悲劇とどのように向き合えばいいのだろうか。

そしてまだ収束されてない原発事故をどうすればいいのだろうか?報道されないという理由で無関心でいいのだろうか?あえて本音を言えば放射能汚染も確実に拡大していることは確かだろう。最近では全くニュースとならないが、収束しているのだろうか?それとも腫れ物に触れないように敢えて報道していないのだろうか?どちらにせよ課題が山積みの6年目だ。

犠牲者、遺族の方には心からお悔やみ申し上げたいと思う。