Small dreams≧Real life

「ぽぽぴ」のBLOGへようこそ。ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事だけでなく完全オリジナルのショートストーリーなどを含めて幅広く記事を書いて載せています。但し更新の頻度は不規則です。

知行合一とはバイク旅そのもの。

 

道、果てるまで―ユーラシア横断3万キロの日々+4大陸10万キロの記憶

道、果てるまで―ユーラシア横断3万キロの日々+4大陸10万キロの記憶

 

 

戸井十月 「道、果てるまで」を読んでいた。

文章からでも自分が旅をしているかのような錯覚してしまうほどの整然とした綺麗な文章と内容の深さ。過酷な旅を経験しないでも追体験出来てしまうから行動しなくなる部分があるとも言える。だけど少なからず自分も同じことをしてみたいというインセンティブを得られるからその点では凄く学んでいる気がする。知識だけじゃなくて直接的な身体的な経験が大事ということを改めて認識させられる。まさに知行合一とはこのことではないだろうか。知識と経験が合致した時こそ最も望ましい状況にある。どちらかに優劣を付けるのではなくてどちらも必要不可欠な要素なのかもしれない。

本の内容は至ってシンプルな感じだけど奥深いから読み応えがある。簡単に言うとバイクで旅に出るというリスキーだけど冒険心溢れる最高の旅の記録と言ったところだろうか。バイクに乗っている人は少なからず共感出来る不思議な感覚を味わうことが出来るし凄く羨ましく思う。身体全体で味わう旅の魅力がズバリ凝縮されている。

戸井さんという方は、とても凄い方でなんと6大陸をバイクで走破してしまう偉業を成し遂げてしまう。しかも40代からはじめての上での達成と知り唖然としてしまう。普通の感覚だと日本一週程度でも並外れた行動力の持ち主だと考えるけど、それを遥かに凌駕する。

この本はユーラシア横断3万キロといった旅の話である。あくまで沢山ある内の一つという位置付けではあるから勿論他の大陸での記録もあるから、そちらを優先的に読んでもらっても問題ない。

バイク好きかつ旅も好きな私にとってはこの上ない珠玉の一冊とも言える。

是非とも読んでいただきたいと思っている。少なくとも何かしら得るものがあるだろう。以下では特にオススメ、レコメンドしたい作品も挙げておいた。

 

世界で一番贅沢な旅

世界で一番贅沢な旅

 

 

 

戸井十月 全仕事: 「シャコタン・ブギ」から「五大陸走破」まで世界を駆け抜けた作家の軌跡

戸井十月 全仕事: 「シャコタン・ブギ」から「五大陸走破」まで世界を駆け抜けた作家の軌跡

 

 

広告を非表示にする