読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Small dreams≧Real life

「ぽぽぴ」のBLOGへようこそ。ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事だけでなく完全オリジナルのショートストーリーなどを含めて幅広く記事を書いて載せています。但し更新の頻度は不規則です。

映画鑑賞記①

「モーターサイクルダイアリーズ」という映画を観ました。大学では政治学を学んできたので、興味がある分野です。案外すんなりと映画に入ることが出来ました。

 政治というと人と人を結ぶ社会という幅広い対象を扱うものだから、当然政治家は自分勝手に政治を行うわけには行きませんよね。もちろん国民に政治を考える程の資質が無く判断能力も劣るという意見があるのも分かります。ただ果たして現代日本の政治家が国民の代表として政治を行っているのか?それとも自分都合で政治を行っているのか?の判断はお任せします。少し脱線しましたが、要は政治を考えていく上で世論あるいは国民というマクロな対象は大事ですが、やはり個人から出発する視点が大事だと思いませんか?結局人と人の間の複数性から成り立つのが社会であるのを前提として個人が大切。

現代政治において、個人的に政治家になる人物程視野が狭い人が多い気がします。世界にはあらゆる人がいます。政治家の役目として幅広い利害を持った人々が安心して、生活出来る国を目指す義務があります。特に言葉遊びで国民代表しているタイプに限って、著しく偏った政治を行っている現状があります。

だからゲバラの若いときの放浪経験は、確実に政治に関わっていくきっかけを与えているし、貴重な時間だったのだと思う。勿論大してお金もないし下手したら、命を落とす危険が隣合わせの旅の中で、あまりに貧しいラテン世界とアメリカ、西洋社会から外れた国々が搾取されている現状を身を持って知ったと推測出来る。

最近ではキューバ革命に興味がありまして社会主義の国ということで嫌悪感を持つ人もいるのかもしれませんがが、歴史の文脈上でキューバという国は見逃す出来ない国です。冷戦期の1960年代にあの有名なキューバ危機は歴史に刻まれました。状況によっては第三次核戦争を招いてしまう恐れがあり世界は恐怖に震撼されました。

そこで必然と主要なアクターであるゲバラに辿り着いてしまいました。ゲバラの生い立ちを詳しく知りたいと思ったのをきっかけに若きゲバラについて理解可能な作品をレンタルしてきました。 調べてみたところ、ゲバラは裕福な家庭で育ち、ブエノスアイレス大学の医学部の生徒でした。恵まれた家系で育ったということが良くわかります。しかも医学部ですから頭もかなり良い秀才のはず。得てして革命家というものは暴力という手段を使うので、イメージ的には言葉も通じない人間と思われがちですがかなり優秀な人です。常識的に考えて真面目に医学部で勉強して医者になることが王道だと思います。順当に行けば医者になることが当然だったと思いますが、転機となる経験があります。それは大学時代友人とラテンアメリカをバイクで放浪する旅です。過酷な旅に出ることが意味していたのは、新しい発見でした。結果的にはこの若き青春時代を経験したことで、キューバの革命の実行犯としてその名を世界に轟かせました。

 ぜひご覧下さいませ(^_^)/↓↓

 

広告を非表示にする