読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Small dreams≧Real life

「ぽぽぴ」のBLOGへようこそ。ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事だけでなく完全オリジナルのショートストーリーなどを含めて幅広く記事を書いて載せています。但し更新の頻度は不規則です。

「自分らしさ」を探すことはムダな努力

「自分らしく生きることについて」
自分らしく生きることは、どういうことを意味しているのだろうか?
例えばLGBTの人は理解されにくい風潮が残っていると思う。
毛嫌いされ、差別されてきた人の多くはネガティブな感情を抱き自己不信に陥るかもしれない。
それでも自分を貫く人もいる。
裏では、周りと自分自身の葛藤の中で日々悩んでいるのかもしれない。
そもそも自分らしさとはあるのだろうか?
誰もが抱く人生の根源的なテーマの一つである。
昔だったら偏見の眼差しで差別されるかもしれない。
でも時代は移り変わり個性として尊重され、多様な生き方が認められている。
私は左利きである。
これも右利き社会ではマイノリティーだから苦労する。
食事の時は隣の人に気を遣わないと不快な顔される。
マナーとしても最悪で、親のしつけが疑われる有様だ。
そこで出来る限り右手を使って生活することにしてみた。
最初は意識的だけど慣れてくると案外違和感なく使えるものだ。
このまま右で生活することにしようと考えていた。
だけど左手を使うことで差別されるのは納得がいかない。
もっと寛容であっても良いのではないか?と主張したい。
最終的には両方の手を万遍なく使える道を選んだ。
片方だけ使うよりも器用に左右を操れる方が便利だと気付いた。
「自分らしく生きること」で周りと違う結果になるかもしれない。
自分らしく追求した結果が異なることも想定済みである。
神経を擦り減らして人目を過度に気にするのではなく、堂々と生活することが自分らしい生き方に繋がると思っている。
もちろん途中の過程で苦労することは分かってる。
だけど一歩先に進んでみたいから気概を失くさないように生活したい。
必要となる力は、負けん気と強い覚悟に尽きる。物怖じせずに自分の個性を大事に生きていく。
広告を非表示にする