Small dreams≧Real life

「ぽぽぴ」のBLOGへようこそ。ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事だけでなく完全オリジナルのショートストーリーなどを含めて幅広く記事を書いて載せています。但し更新の頻度は不規則です。

走り続ける力をブラッシュアップ

利潤の果てしない追及を前提とする資本主義社会では競争が常識となる。熾烈な闘いを行い勝者が生き残る世界に人々は押し込まれ弱肉強食のフレーズの下で階層ピラミッドが固定される。まさに勝てば官軍負ければ賊軍の言葉の通り蹴落とし合いが、自然の摂理だ。また子供の貧困の連鎖を考える上でも、親が貧しければ子も貧しいという負の連鎖の構図を見出すことは容易だ。極希に階層を脱出する人間が現れるが、基本的には世代間で世襲される。現実離れしたこのアウトサイダーは「成り上がり」と呼称され人生を自らの手で切り開く道を選択する。得てして国民的な人気アニメのモチーフとなる主人公に多くなる傾向が強い。現状に満足せず苦労を重ね奮闘する姿勢が挑戦的で良き見本となり成功を掴むドリームを称賛するパワーとなる。

  一方で支配者層、保守的な立場には目障りで厄介な存在となりがちだ。はっきり言うと理解出来ない存在だから追い出したい。換言すると「身の程知らず、現実を知れ」と言いたいところだ。縦社会のトップに立つ人は、大人しく従う奴隷的な存在が必要だ。馬鹿が多い方が都合も良い。

 

そうなると生まれた環境で大筋決まることになる。不公平で不条理だけど仕方ない。けど道がないわけでもない。良いアウトサイダーとなり学をつけること。例えば笑顔を振り撒く裏側に隙を狙う悪意がある現実を知ること。軸がブレないように、生きる勉強が絶対必要だ。 あと法治国家の国で暮らしてるんだから最低限の法律を知らないとマズイ。一律に課されるルールに則り社会は回っているから、知らない者は不利である。不思議なことに高等教育の法学部でしか学ぶ機会がないから理解してない人間が多い。一部の人間だけに周知しているだけでは無意味で危険だ。但し知らないのは自分に責任があることも分かって欲しい。自業自得と簡単に判断されるから自律的な個人が想定されいる。

広告を非表示にする