Small dreams≧Real life

「ぽぽぴ」のBLOGへようこそ。ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事だけでなく完全オリジナルのショートストーリーなどを含めて幅広く記事を書いて載せています。但し更新の頻度は不規則です。

電車で流れるアナウンスの違和感

電車で流れるアナウンスを聞いたことがあるだろうか。普段はイヤホンを耳に装着して音楽に興じているわけで、音を完全にシャットダウンしているから周りの音が意識に入らない。ところで人間の身体は非常に良く出来ている。芸術家が被写体として人間のボディーを対象にする意味もなんとなく分かる気がする。完全な私たちの身体は、些細なトラブル、障害で機能不全に陥る。非常に軟弱というか弱点が分かりやすいのがデメリットだけども・・・・
耳の話に戻るが、先日イヤホンを忘れてしまい、ガッカリ・・・電車に乗る時はイヤホンと本がセットなのに、ついてない。仕方なくカバンから本を取り出して読み始めることにした。山手線に乗っていて日暮里から池袋までの距離だから15分程度の短い時間。電車に乗ると何もやることがなくて、間の時間をやり過ごすことに苦労する。とにかく電車が苦手だ。人間観察するにも目の間の見ず知らずの人間と目があったら気まずい。そこからコミュニケーションが生まれればまだ救いがあるが、期待できない。

そこで、人間観察のためにキョロキョロ辺りを見回そうか。いや不審者に仕立てあげられたら困る。そういうわけで、大人しく読書をする。
「車内で不審物や不審者を見かけた方は、お近くの車掌に声をお掛けください。」アナウンスが揺れる車内にゆっくりと流れる。自棄に気怠そうな声で態度が伝わるアナウンスだ。そして特に気になったのが「不審者」の部分だけが強調して聞こえるのは気のせいだろうか。テロの影響で不審物を警戒しているのは分かる。イギリスでテロがあったばかりだから特別警戒を敷いて当然だ。ISの勢力がアジアにも深く及んでいる。フィリピン、インドネシアではISの声明が発表されている。今では世界中何処に行っても安心出来ない。イスラム教の場合ラマダン(断食)時に宗教意識が高まりに善行(聖戦)を行うと普段時の聖戦よりも評価が高くなる傾向があるから注意は欠かせない。
少し話が脱線したが、不審者とはどのレベル何だろう??

不審者

不審を抱かせる人(はてなキーワードより引用)

せっかくなのではてなキーワードを引いてみたが、簡単でざっくり。この意味からいくと、キョロキョロしていたら車掌に突き出されてもおかしくない。不審を抱かせるってじつは主観的な気もするから、油断も隙もなく緊張を解したらまずい。

それで最近痴漢行為の問題が話題になっているけど、実際にしたかしないかは、車掌には分からない。現場に居ないんだから当然だ。車掌は当事者、目撃者の話を基に判断するから難しい問題が孕んでいたりする。警察に突き出される前に車掌が介在しているから複雑になり事態が一層深刻化する。だから冤罪も度々起きるわけで保険に入る人までいるそうだ。

headlines.yahoo.co.jp

また監視カメラも設置予定のニュースが流れ、危機感が煽られる。そして益々世知辛い世の中になり相互監視社会が誕生する。

headlines.yahoo.co.jp

時代の流れと共に過度の規制強化と厳罰化が進む社会になっている。

一方で日本における犯罪は、年々最低記録を更新している。

http://worldgoodnews.net/japan-crime-rate-lowest/

規制強化する意味があるのだろうか。この点は、疑問が残る。社会を覆う閉塞感や不安感に捉われ自ら息苦しい社会を望んでいるかのように見えてならない。

アナウンスの「不審者」の部分に引っ掛かったのは、おそらく「無理矢理に探しだせ」と遠回しに叫ぶ権力の声を聞いたからだ。犯罪を犯したから捕まえるのではなく、たとえ犯罪者ではなくても誤解されるような人物を捕まえたい本音が含まれている。こうして終わりのない不審者探しの対策が進んで行く。

 

 

 

 

広告を非表示にする