Small dreams≧Real life

ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事も含めて、オリジナル記事や創作したストーリーを載せています。

若い頃から心のオシャレを考えてみよう

若さゆえの魅力

まだまだ青臭い未熟者ですが、ここで一つ話したいことがあります。若い頃というものは、外見やら見た目ばかりに気を遣って乗り切れるものです。最近の流行で「人は見た目が100%」とまで言ってしまうドラマまであるので仕方ない部分もあります。しかしよ~く考えてください。人間は日々老いていきます。偶然ではなく必然の流れです。

当然若い頃はイケメン、美女と呼ばれた人であっても年を重ねるごとに輝きが減ってしまいます。例外的な人もいますが、多くの人はあてはまるでしょう。

心のオシャレの魔力

そこでちょっとだけでも考えて欲しいのが、「心のオシャレ」です。これを意識して生活すればアナタの人生が実り豊かに輝くものとなるでしょう。心のオシャレとは、性格も含めて内面の魅力を磨くことです。散々既出のことですが、それでもなかなか心がオシャレで粋な人って少ないなぁと思います。昔の有名なアーティストなんかだと外見も良くて自分をしっかり分かってる人が多いです。それに勉強熱心ともいいますか、言葉の一語一語が深いと思います。しっかりと自分の軸といいますかフィロソフィーがある。今ですと簡単な略語に吸収されて自分を語る言葉が少ないと感じます。ちょっと臭くてギザだけどカッコイイ言葉もあります。ぜひ使ってみましょう。

そこで具体的な方法ですが、いたって簡単です。

芸術、音楽などを含めて幅広く五感の感覚を磨くことに努めることです。特に読書なんてベタですよね。後は映画なんかも良い。つまり人間の経験には限界があるので、追体験出来る媒体に出来る限り触れることです。そして最終的には第六感が機能すれば理想的です。第六感つまりインスピレーションを大切にしてほしいです。