Small dreams≧Real life

ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事だけでなく完全オリジナルの記事を含めて幅広くジャンル関係なく書いてます。「夢を持つこと」と「子供のような遊び心を忘れないこと」でカッコいい大人になる!!

街で出会った面白い人の話①

自慢じゃないですが、一度顔を見たら忘れない技を持っています。名前よりも顔を覚える方が得意みたいで、しっかりと頭の中にインプットされています。

さて、何度もブログで挙げてますように「人間観察」を自然に出来るレベルに到達しました。ジロジロしたり、キョロキョロしたりすれば挙動不審と疑われますが、バレないようにナチュラルにすればいいわけですね。

世の中には色んな人間がいて、想像を絶する行動を取る人がいます。彼らにとっては、当然の行動でもぼくから見れば、非常に面白くて不思議に見える。

これをしばらくまとめていきます。

①路上でバリカンを使う中年男性

その人は、ぼくが大学に行く途中の裏道で遭遇しました。随分とラフな格好をしていて、大きく英語で文字が入ったTシャツを着ていました。驚いたのは、バリカンで頭の毛を剃っていたのです。しかも道路の真ん中で平然とジョリジョリ剃るわけです。周りを気にすることなく、当然の顔で手を動かしているわけです。不思議な光景でした。

スマホを見てニヤニヤする人

どこにいってもスマートフォンを触っている人がいます。既に生活の一部となって居るわけですが、ちょっと気持ち悪く不快な思いをしました。それは電車に乗っていた時の話です。今回は、大きな黒縁眼鏡を掛けた女性でした。その女性は、電車の席でスマートフォンを見て爆笑しています。おまけにぼそぼそと独り言を口にしています。何か面白いことがあったのか詳しいことは本人にしかわかりませんが、ぼくから見たらただの不審者です。かな~り気になってしまい、ずっと見ていました。自分だけの世界に入ってしまうと、危ないですよ。

スマホを自由自在に操るムキムキ男

これも電車での光景です。黒い帽子に、半袖シャツを合わせたムキムキ男が、ぼくの目の前に立っています。露わになった腕から並外れた筋肉の持ち主であることが分かります。堂々と構えた態度から、細かい行動よりも大胆で大雑把な行動を得意とするタイプと仮説を立てました。しかし、彼の片手には小さなスマートフォンがあり、ひたすら画面をタッチしています。まるで指がスクリーン上でダンスをしているかのように、繊細で軽やかくソフトなタッチです。指の先から技巧的に生じる言葉の数々が溢れています。もしかしたら彼の脳は、指にあるのではないか。ぼくは考えました。最後に、そっと顔を確認すると、表情一つ変えず黙々と指のダンスのスピードを加速させています。ぼくは、思わず感動してしまいました。

今日はこの辺りで終了です。