Small dreams≧Real life

ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事も含めて、オリジナル記事や創作したストーリーを載せています。

毎年数十万単位で人が減少していく国

今日も暑いですね。

梅雨明けして連日30℃越えの日々が続きますが、頑張っていきましょう。

日本の行く末

さて、いきなり漠然としたテーマを挙げてみましたが、凄く気になるんです。

例えば、ぼくが現在60代であれば、まだ楽観的な見方も可能です。しかし20代となれば、あと80年生きても不思議ではありません。だから今後の自分の生き方と社会動向はセットで切り離せないわけです。

一方で医療技術の革新に伴い、寿命も大幅に伸びると予想出来るので、不安な側面が強いわけです。現在でも世界屈指の長寿国である日本の寿命はどこまで伸びるんでしょうかね。

(平均寿命について軽い国際比較)

日本(男子)約81歳

  (女子)約87歳

アメリカ(男子)約76歳

    (女子)約81歳

厚生労働省第22回生命表の第2回参考資料より)

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/22th/dl/22th_06.pdf

今でも80歳辺りが、平均寿命になってるんですね。80歳といっても、ぼくにはあと60年近くもあります・・・・・・。今日は2017年7月22日なので、60年後は2077年7/22日ですね。いやあ、あれこれ想像して、考えることが好きなので色々空想を膨らませるわけですが、どうなっているんだろうか。

それで、既に80歳が平均寿命なので、数十年後は人生100年なんて社会が当然になっているかもしれませんね。

ネガティブ発想の終点を転換

しかし寿命が伸びて、良いことあるんですかね?

損得だけじゃ割り切れない問題かもしれませんが、若さもなく、身体も自由に動かない、おまけにお金もないし家族もいないと最悪な状況で生きている可能性もありますしね。こんな状態で寿命ばかりが伸びていたとしたら、生き地獄そのものですね。

まあ先のことは分からないですが、何でしょうか、なんか良いことよりも悪いことの方が、個別・具体的にイメージ出来てしまうぼくの想像力・・・・・・笑

人間は、自分の思考に基づく方向に無意識で進んでいくという話しを聞いたので、このままだと最低最悪の結果の道を自ら選んでいたりして……。早めに軌道修正しないと取り返しのつかない状況に至ってしまいそうでこわいです。

人間には、言葉を通して深い思考を展開し、道を切り開いていく能力があるので、この手を活かして、まずは結論の仮定が甘いと思うので、思考の幅を拡充するために知識を増やすことに特化したいです。