Small dreams≧Real life

「ぽぽぴ」のBLOGへようこそ。ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事だけでなく完全オリジナルのショートストーリーなどを含めて幅広く記事を書いて載せています。但し更新の頻度は不規則です。

ちきゅうをすくって、地球を救う?!

先日、「ちきゅうすくい」を知り合いから教えてもらいました。


f:id:popopii:20170723220411j:image

 

皆さん知っていましたか?

いわゆるスーパーボールぐらいの大きさのミニサイズの地球儀ボールを掬うそうです。


f:id:popopii:20170723220433j:image


f:id:popopii:20170723220350j:image

祭りの定番と言えば、たこ焼き、かき氷、焼きそば、水飴、チョコバナナ・・・・・・食べ物ばかりと脱線してしまう、食いしん坊のぼくですが、もちろん金魚すくいやスーパーボールすくいも知っています。

さて、「祭り」をテーマにあれこれと連想してたら、夏祭りに行きたくなってきました。お祭り、花火大会は夏の風物詩に当てはまるんですよね……。今年は、どこに行ってみようか悩み中です。

◇          ◇          ◇

それにしても、「ちきゅうをすくう」なんて素晴らしい発想ですね。

非常に面白くて、興味がありますね。

勘の良い方は、既に気づいてるかもしれませんが、「すくい」には二つの言葉が掛かっているという解釈が出来ます。つまり、掛詞の一種ですね。

ぼくは受験勉強の時に、掛詞の勉強をした覚えがあります。意外に厄介な問題なんですよね、これが……。難しく考えると土坪にハマる気がします。

さて、そのままの意味で「掬う」と「救う」です。個人が地球を救えるとのメッセージを読み取っても問題ないはずです。いやあ・・・・・・・・・スケールが大きくてロマンティックな感じだけど、人間の存在の小ささも相対的に考える機会になりますね。

ぼくたちは何が出来るんだろうか?

出来ることはあるんだろうか?

テロ、戦争、環境などの問題は簡単に答えが出るほど、容易いものではありませんが、ひとりひとりの力を合わせれば、少しでも変化が起きるかもしれませんよね。

意識の持ちようかもしれませんが、無関心、他人事と処理すれば、事態は停滞するどころか、さらに悪化するかもしれません。

ぼくら一人一人が出来ることからはじめよう。小さなことでもいい。例えば、「ゴミを拾う」「困った人の話を聞く」「世界を祈る呪文を唱える」と何でもいいんです。自分中心で全てを損得勘定に捉えるのではなく、他人からはじまり、地域の人々、国の人々、そして世界の人々と派生していければいいですよね。 

ちょっと、お説教みたいな堅苦しい話しになってしまいましたが、自分自身に言い聞かせているみたいなんで、ゆるく聞いて欲しいです。

ただ、幸せを多くの人々と共有出来る地球になったら最高ですよね。だって、ぼくらはみんな地球人だから……!!

 

 

広告を非表示にする