Small dreams≧Real life

「ぽぽぴ」のBLOGへようこそ。ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事だけでなく完全オリジナルのショートストーリーなどを含めて幅広く記事を書いて載せています。但し更新の頻度は不規則です。

物事を馬鹿にして中途半端に流す人生とはおさらば

今日も暑かった・・・・・・ホントにぶっ倒れそうな暑さですね。


f:id:popopii:20170725003920j:image
今回は、「ショートポープ=小さな望み」がピッタリだと思い、載せて見ました。

 さて、早速今回のテーマは「物事を馬鹿にして中途半端に流すこと」に対して、感じたことを綴ります。

 皆さんは、これまで恋愛、部活、友人をはじめとして様々な場面で、経験を積み重ね来ていますが、「適当に流したり」、「全力で取り組まなかったり」、「人間関係を軽視したり」と正面から向き合わずに流したり、手を抜いた生活していませんか?

 ぼくは、そんな過去の人生を送ってきたので、凄く後悔しています。自業自得ですが、空白の部分になってしまってるんです。

だから適当に流して中途半端に取り組むと、勿体ないし損していると思います。いつの日か、過去の自分を振り返った時に何も残ってないことに気づいちゃうと思うんです。

 やっぱり、現在の自分の限界までを酷使した経験から学べることがあるはずです。だから文化祭でも、何でもいいですが、馬鹿にしないでしっかりやった方が良いに決まってますよ。その経験がアナタの血肉となり、人格形成に繋がると思います。どうかぼくみたいに、薄っぺらい青春時代を送らないように注意して下さいね。

 また例えば、学生時代好きな人がいたとしましょう。その女の子は、他に好きな子がいました。そこで、アナタならどうしますか?「諦めて、告白しない」「捨て身の覚悟で告白する」の二択だと思いますが、ぼくはずっと「諦めて、告白しない」を選択してきました。いわゆるシャイボーイで人見知りはするわ、口下手がバレるわと散々な結果を予測していたからです。でも今になって考えると、若さに任せて、正直に気持ちを伝えるべきだと後悔しています。やっぱり、失敗しないと何も学べないと思うんですよ。

まさに当たって砕けろです!

もちろん上手くいけば、憧れの子と付き合えてハッピーになるわけですが、ぼくはこの失恋の経験を逃したんです。逸失利益として戻ってるはずもなく、マイナスでしかないですよね。

 要は何が言いたいかと言うと、もしもプライドや体裁から見栄を張って、中途半端に生きているなら即刻やめたほうがいいということです。そんな人生なんて面白くないはずですよ。アナタが学生なら、勉強でも部活でも恋愛でもアルバイトでも、何でも良い。とにかく一生懸命手を抜かず、力尽きるまで、取り組む。何一つ無駄な経験なんてありません。全ての経験には、何かしら意味があるはずと忘れずに行動して欲しいです。

          ◇          ◇          ◇   

 以上、失敗から学んだことを伝えると同時に教訓にしました。一度きりの人生を味わい尽くします。ここからは、誰にも負けなくらい楽しむぞい!!!

広告を非表示にする