Small dreams≧Real life

ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事も含めて、オリジナル記事や創作したストーリーを載せています。

「人口が減り、教育レベルが落ち、仕事がなくなる日本 これから確実に起こる未来の歩き方」

はじめに

最近、ふと感じていることは高齢者が増えたなあという現実です。街中を歩いていても、子供よりも、圧倒的に高齢者が多いんです。そこで、人口問題に関する本を読む機会が増えました。メディアやネットなどで、事実ではない情報に受動的に流されるよりは自分自身であれこれ調べて、考えることが大切ですよね。

 今回読んだ本です

 

いわば、未来予想図に近いのかもしれません。

(ドリカムの方じゃありませんので、ご注意を(笑))

さて人口問題については人によりけりで、悲観論も楽観論もありますが、この本は悲観的な見方に重きを置いています。

その中で、シンガポール初代首相リー・クアンユー、アメリカの冒険投資家ジム・ロジャーズは人口減少に対しては危機的な見方を採り、言葉を残しています。

ぼくも、個人的には悲観的な立場を採っています。

 前提として、そもそも人がいないと国家として成り立たないのは、当然のことであるのに、人口が減少する、あるいは高齢化が加速すると予想されているのに、明るい未来を想像するのに無理があると思います。現実を無視して、輝かしい未来とは行かないでしょう。

ところで、未来の予測を立てる時、GDP、国の財政状況、企業の業績と様々なデーターを集めることが一般的だと思います。出来る限り現実に即したデータが積み重ねるほど、予測が正確になり、的中確率も高まると考えますよね。

しかし、この本で筆者が未来予測に必要だと考えるものは「人口」「教育」の二つです。

アジア間の比較

「人口」

高齢化・人口減少と東アジア(中国、韓国)も並んで、衰退期に突入すると予想されています。そこで必要になってくることは、人口増計画となるわけです。但し、従属人口ではなく、社会担う生産年齢人口に焦点を当てていきたい所です。その点、一つの有効策として考えてられているのが、移民受け入れ政策です。もちろん社会統合政策も必要なので、コストも掛かりますし、治安の悪化による世論の反対も目に見えていますので、前途が多難であるのも分かりますが、肯定的な道を検討するべき状況になっています。

「教育」

教育は、未来の人材を作っていく上で、大切な国の投資です。最近だと、最高学府である大学生の学力低下など、様々な問題はあります。一言言わせて貰いますと、教育方針が定まらず二転三転している不安定な状況で、一番影響を受けるのは子供達であると忘れて欲しくないです。

しかし、教育といっても特に重要視したいのは、「語学」です。英語が、国際的な標準語としての地位を確立して久しいですが、未だに語学に関する教育レベルが低いわけです。中国や、韓国では、初等教育段階で、ある程度使いこなせるレベルまでに教育が行われているわけです。いわゆる日本では受験英語にばかり偏重して、実用的に英語を使えない状況が問題になっているわけです。ちなみに20代のぼくが、小学生くらいの頃は、英語の授業なんてありませんでした。若い頃から、日常的に親しむことが上達への近道ですよね。

さて、英語が国際レベルと比べて著しく遅れることが意味することは、国際的な競争にも負けてまいます。

           ◇                ◇                    ◇

非常に、読みやすくて綺麗に簡潔に要点が纏まっている本だと思います。もし、人口減少社会の未来について関心を持っているなら、十分に一読する価値があると思います。

 

注目語彙チェック

限界集落 65歳以上の高齢者が人口の過半数を占める状態

・ベッドタウン サラリーマンが寝るためだけに帰った街

・3C カー、クルマ、クーラー

・3K 汚い、キツい、危険

・「今日は、昨日の続き、明日は今日の続き」