Small dreams≧Real life

ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事も含めて、オリジナル記事や創作したストーリーを載せています。

どうでもいいこと

毎日色々な出来事が起きてニュースになっています。

それを見て、あれこれ議論したり、考えたりするわけです。

今だと長年メディアの中心的な役割だった新聞やテレビはもう時代遅れで、ネットからスマホの動画があたりまえ。

良いのか、悪いのかはっきり言えませんが、時代は確実に変わってきてますよね……。

それで今回言いたいことは、「ぶっちゃけニュースってどうでもよくないですか?」です。 

こんなこと言うと、国民としての義務、社会人の常識に反すると叩かれそうです。

それでも本当にぶっちゃけるとどうでもいい。

芸能人の不倫、政治家の不正・汚職、交通事故、不安を煽るコラム、政治的な外交問題、スポーツの結果と色々ありますが、はっきりいってどうでもいい。

だって、かなり「ネガティブ」なことに偏ってるから……。

好むなら毎日チェックして、意見を発信していけばいいが、わざわざ負のエネルギーを貰って鬱になるなら必要ない情報だと思います。

情報入手が簡単な時代だからこそ、個人のリテラシーが求められています。

また、ニュースを見て、匿名掲示板で誹謗・中傷する人たちは「いじめ」に加担しています。

こうなるとメディアの思う壺になり、取り返しのつかない所まで行き着いてしまいます。

特定の国に対して敵対心を燃やし、ならず者のレッテルを貼る。

こうした偏った意見の最終地点が、あの痛ましい「戦争」だったんじゃないでしょうか?

みんなで一緒に寄って集って特定の国、人物を攻撃する場面に遭遇すると、ちょっと怖くなります。 

自分で考えることを止めたら、もう終わりしか見えてこない。 

最近そんなことを考えています。