Small dreams≧Real life

ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事も含めて、オリジナル記事や創作したストーリーを載せています。

熊谷達也さんの「新参教師」を読了♪

 こんばんは!

すっかりと涼しくて過ごしやすい季節になりましたね。

まさにキャンプに出掛けて、星空を眺めながらテントで寝たいと思ってしまいます。

さて、秋と言えば読書の秋です。

そこで今回ぼくが、読んだ本を紹介します。

新参教師 (徳間文庫 く 20-1)

新参教師 (徳間文庫 く 20-1)

 

 熊谷達也さんの「新参教師」という小説です。

学校の先生が主人公で学校の裏側や取り巻く問題、そして先生の心理などとても興味深いテーマの小説です。

フィクションとはいえ、学校の先生は大変な仕事だと改めて感じました。

生徒、保護者、先生、教育委員会との関係の中でバランス感覚が求められ精神的、肉体的の両面でタフじゃないと務まりませんよね。

思えば、ぼくがまだ中学生の頃は、学校が大嫌いで先生に迷惑を掛けた記憶があります。

公務員で楽そうだと安易に考えて、精神的に追い込まれて退職する人も多いと聞くので、やっぱり厳しい環境なんでしょうね。

ストーリーの方は、シンプルでわかりやすいのですぐにハマること間違いなしです。 

先が気になって、落ち着かない小説と呼ぶのにふさわしい作品だと思います。

ぜひ読んで欲しいです。