Small dreams≧Real life

ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事も含めて、オリジナル記事や創作したストーリーを載せています。

夢を叶えるために

こんばんは。

ふと思ったこと何ですが、ぼくはゲームやらアニメ、そしてテレビなどの流行りの娯楽に全く興味がないんです。

あ、でも映画やドラマ、読書はけっこう好きかな。

まあ大学生なんで周りを見回せばスマホでゲームやらYOUTUBEでアニメを観たりしている人も知り合いに多いですが、全然影響を受けませんね。

さらに通学で頻繁に電車にも乗っているんですが、ゲームに夢中になっている社会人にも遭遇します。

それで最近になって自分もちょっとトライしてみたのですが続きませんし、どうしてそこまで熱中できるかぼくには理解できませでした。

周りの流行に乗り遅れないようにしているんですが、正直言ってそこまで面白くないし飽きっぽい性格ですから。

それならブログやら日記でもひそひそと綴っていたほうを選ぶかな。

そんなぼくでも小学生ぐらいの時はテレビゲームやらカードゲームやら、テレビやらアニメやらにけっこうハマっていましたね。

単純に時間があって暇だったのもあると思いますが、今考えてみると非生産的で無駄な時間だったなと後悔しています。

それならばもっと子供らしい遊びやら読書に勤しむべきでしたよ。

外に出てスポーツやらアウトドアなどでくたくたになるまで体を動かしたり、古今東西の叡智が詰まった図書館で本を読んだりともっと賢く時間を使えたら良かったんでしょうね。

それでもあの頃に四六時中飽きるまでゲームやらアニメやらやりつくしたからこそ今になって無駄な時間から解放されていると考えれば納得できますね。

結局こうして教訓として学べたからこそやはり無駄な時間じゃなくてぼくにとっては価値がありました。

こうやって逆説的に考えると全てをポジティブに捉えられますからね。

どうせなら過去を否定的に捉えるのではなく見えない先に広がる未来への必要不可欠な要素として肯定していきたいです。

だって自分の過去を否定して、投げやりに生きていても良いことなんてないですからね。

ちょっと強引で無茶苦茶なように見えますが、これは究極の発想法であって何があろうと全てをプラスに変えてしまう力がありますからね。

おっと、いけない。

少しだけ脱線してしまいました(笑)

もちろん今までの話は、ぼく個人の意見であって共感を求めたり、それらの娯楽を否定しているわけではありませんからね。

 時間をどのように使ったとしてもそれは個人の自由ですから。

ただもしも大きい夢があって、なんとしても叶えたいと考えているならばもっと他にやるべきことがあるんじゃないかなと思います。ズバリ言うと、夢を叶えるために地道な努力と挑戦を続けて、残された時間とありあまるエネルギーの全てをかけるべきです。

ぼくらは生まれた時から寿命のリミットが着々と進んでいます。

当然同じ明日が永遠に続くわけもなく、いつの日か必ず終わりが来ます。

それに生半可な気持ちと態度で夢が叶うなんて物語の世界だけですからね……。

だからもし、でっかい、でっかい夢があるならば、全身全霊を捧げて今すぐにでも行動に移そうよ!

このブログが夢をもつ全ての人の背中を押す力になれた嬉しく思います。