Small dreams≧Real life

ルポライターを目指し日々奮闘中。日常の些細な事も含めて、オリジナル記事や創作したストーリーを載せています。

日記に何を書くべきか考えてみた

こんにちは、そしてお久しぶりです。

最近更新が少なくなってますが決して放置ではありませんので……。

さて、最近新しくはじめたことがあります。

何でもかんでも三日坊主なぼくですが、最近ちょっと日記を書きはじめました。

いわゆる『はじめてのダイアリー』というやつです(笑)


f:id:popopii:20171115160635j:image

といいますのもぼくは昔から日記帳という類いのものが退屈で嫌いでして、カバンの中でグチャグチャに潰れていて、すぐに放り投げていたんです。

しかしまさか日記を書くようになるとは予想外です。

あの当時のぼくを知っている人からすると何があるか分からないものですね。

もちろん公開するつもりはありませんが、感じたこと、学んだことやらをしっかり残しておき、後で見返してみようと思いました。

例えば1年に1回振り返ってみたりあるいは数年単位で振り返ってみたりすると意外と役に立つんじゃないかなと考えてます。

もしかしたら、これは自分に対する史上最高の『未来への投資』何じゃないかなと思ってます。

そこで、まずはどういった形式で書いていくか悩みました。

最初は箇条書きでもいいかなと思ったんですがそうなるとタダの忘備録のようになってしまったり、乱文でバラバラで系統的にまとまっていない文章も後で困るかなと思いました。

そこであれこれ本を読んだりしながら、暫定ながらも自分にフィットしたスタイルを考えました。

 
『日記のフォーマット』
 
 『朝』
・ 自分が今感謝していること
・ 今日を素晴らしいものにするであろう3つのこと
・ 絶対に今日やりとげること
 
『夜』
今日の結果
 
良かった点(うまくいった仕事の中で、うまくいかせる方法)
 
課題点と改善策(うまくいかなかった要因を取り除く)
 
明日の目標
 
最後に今日一日で一番良かったことなど、残しておきたいこと

 とりあえずこんな感じのスタイルにしようかと思いつきました。

まずは朝の時点で今日の目標や課題を明確にして、意識的に行動する。

そして夜に寝る前の僅かな時間で反省や課題を残しておくこと。

ひとまずはこのスタイルで日記を書いていこうかと思います。
ただ確定ではなく気になったときに適宜変更していきます。
そもそも日記をはじめた最大のきっかけとして、歴史上に名を残した偉人は例外なく日記を書いていたと聞いたからです。
自分もそうなりたいからはじめたのではなく、何もしないで流れていきがちな平凡な毎日をしっかりと人生の一部に位置づけて、夢や目標を持って生きていきたいと考えたからです。
『点』としての1日を自分の人生を貫く『線』と考え、自分なりにアレンジしていきたいからです。
そうすると確かに日記を書く過程で自分を見つめ直せるし、よりよく生きていくためにかなり効果的だと思いました。
とはいってもまだまだはじめたばかりでエラそうなことを言える立場じゃありませんが、最終的には生活の一部にしていければ理想的かと思っています。
 
ぜひ皆さんもはじめてみたらどうでしょうか。
お読みいただいてありがとうございます。